• 初めての方
  • よくある質問
  • 取引ルールと特徴
  • FXマーケット情報
  • 登録情報変更
  • 入出金
  • お客様サポート
パラボリック
トップ > テクニカル分析 > パラボリック

パラボリック

【1】パラボリックとは?

パラボリックはJ.W.ワイルダー氏によって考え出されたテクニカルツールである。このシステムは、常に「ショート(売り)」か「ロング(買い)」のポジション(建て玉)を持つ「途転(どてん)」のシステムである点がポイントとなっている。パラボリックはトレンドの転換点を探るのには有効な手段として位置づけ。一方、トレンドがない相場では有効に機能しないことには留意しておきたい。

【2】パラボリックとポイント


出所;MATRIX TRADER

※計算式
SAR1=前日のSAR+AF×(EP-前日のSAR)
SARとは・・・ストップ・アンド・リバース(Stop And Reverse)の略。このレートに「途転」のオーダーを置くことになる(売買転換点を示すストップポイントを示唆する)。仮にトレンドが転換し売りから買いに変わった場合、売っていた期間中での最安値がSARの始値となる。

EPとは・・・・エクストリーム・プライス(Extreme Price)の略。ロングポジションを保有している期間の最高値、またはショートポジションを保有している期間の最安値のことである。

AFとは・・・アクセラレーション・ファクター(Acceleration Factor)の略となる。0.02から始まり、0.02ずつ増加し、0.20を最大値とする(初期値は0.01~0.2の間で設定が可能)。新たなEPがつかない限り、AFが増加することはなく、最大値の0.20を超えることもない。

※チェックポイント
感度を良くしたければAFの値を「大きく」すればいいが、小さな反転でも「途転(どてん)」のサインが出てしまい、チャートの「ダマシ」が多くなる。逆にAFの値を「小さく」すれば、ストップは価格から離れるため「ダマシ」は減ることになるが、変化への対応が遅くなるため見極めが必要となることには留意。

※パラボリックでトレンドを把握!テクニカルレベル一覧が強力サポート

パラボリックに興味はあるけどというFX投資家の方、FX取引サービス「MATRIX TRADER」内のニュース配信コンテンツFxwaveにパラボリックをはじめ主要テクニカル指標を確認できるコンテンツ「テクニカルレベル一覧」を用意しております。携帯電話やスマホからでも複雑な操作なく簡単にご覧いただけます。ぜひご利用ください。

※「パラボリック」はドル円/ユーロドル/ユーロ円/ポンド円/南アフリカランド(ZAR)円/加ドル(カナダドル)円/豪ドル(オーストラリアドル)円/NZドル(ニュージーランドドル)円の計8通貨ペアで構成されており、「テクニカルレベル一覧」で配信されております。

■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。
  • 金融庁
  • 証券取引等監視委員会<情報受付>
  • 金融先物取引業協会
  • 証券・金融商品あっせん相談センター