ワンクリック注文と同時に、あらかじめ設定しているpip差で決済注文を出すには?

ワンクリック注文(新規)と同時にあらかじめ設定しているpip差で決済注文を出す方法を【ワンクリック+決済pip差】注文と言います。
『ワンクリック+決済pip差』注文は、【レートパネル】・【レート一覧】から注文することができます。

※あらかじめ決済pip差(値幅)の設定が必要です。設定方法はこちら

【レートパネル】からの決済pip差注文方法      ※【レート一覧】からの決済pip差注文方法はこちら

1.【レートパネル】画面をワンクリック設定に変更します。
取引画面上部のメニューバー【設定】→【注文&動作設定】をクリックします。
2.【注文&動作設定】画面が表示されますので、画面左側の【レートパネルからの注文方法】をクリックします。
3.画面右側が【レートパネルからの注文方法】の設定画面に切り替わりました。【ワンクリック注文】にチェックを入れます。
4.ワンクリック注文の注意事項がポップアップ表示されますので、
お読みいただき、ご理解いただけましたら【OK】をクリックします。
5.次に、希望する注文方法にチェックを入れます。
決済方法は、

①【ワンクリック+決済pip差注文 指値】
②【ワンクリック+決済pip差注文 逆指値】
③【ワンクリック+決済pip差注文 トレール】
④【ワンクリック+決済pip差注文 指値】と【ワンクリック+決済pip差 逆指値】
⑤【ワンクリック+決済pip差注文 指値】と【ワンクリック+決済pip差 トレール】

の5パータン選択することができます。
ここでは、【ワンクリック+決済pip差注文 指値】と【ワンクリック+決済pip差注文 逆指値】にチェックを入れてみます。(パターン④)
6.画面下部にある【決定】をクリックします。
7.【レートパネル】画面左上に【ワンクリック注文+決済pip差注文 指値/逆指(両建て●●)】の文字が表示されていましたら、
設定は完了です。
8.例えば、ワンクリック注文でUSD/JPY 1Lot買注文を発注します。

レートパネルのASKレートをクリックします。
※ここでは決済pip差(指値/逆指値)の設定を500(=50銭)にしています。
値幅の設定は、注文前にあらかじめ設定する必要があります。      決済pip差の設定はこちら
9.新規注文が約定しました。
注文結果がポップアップ表示されますので、【OK】をクリックします。
※確認画面を非表示にしている場合は、表示されません。
10.ポジション一覧が更新され、新規約定したポジションが表示されました。
※ポジション一覧に表示されない場合は、必ず注文履歴や約定履歴をご確認ください。
注文履歴の検索方法はこちら / 約定履歴の検索方法はこちら
11.新規約定と同時に発注された決済注文を確認するには、【ポジション一覧】で該当するポジションの行をクリックします。
12.指値決済注文と逆指値決済注文が表示されました。
指定レートは、新規約定値から指定したpip離れたレートで設定されています。
【レート一覧】からの決済pip差注文方法    ※【レートパネル一覧】からの決済pip差注文方法はこちら
                                                                  ※あらかじめ決済pip差(値幅)の値幅設定が必要です。設定方法はこちら
1.【レートパネル】画面をワンクリック設定に変更します。
取引画面上部のメニューバー【設定】→【注文&動作設定】をクリックします。
2.【注文&動作設定】画面が表示されますので、画面左側の【レート一覧からの注文方法】をクリックします。
3.画面右側が【レート一覧からの注文方法】の設定画面に切り替わりました。【ワンクリック注文】にチェックを入れます。
4.ワンクリック注文の注意事項がポップアップ表示されますので、
お読みいただき、ご理解いただけましたら【OK】をクリックします。
5.次に、希望する注文方法にチェックを入れます。
決済方法は、

①【ワンクリック+決済pip差注文 指値】
②【ワンクリック+決済pip差注文 逆指値】
③【ワンクリック+決済pip差注文 トレール】
④【ワンクリック+決済pip差注文 指値】と【ワンクリック+決済pip差 逆指値】
⑤【ワンクリック+決済pip差注文 指値】と【ワンクリック+決済pip差 トレール】

の5パータン選択することができます。
ここでは、【ワンクリック+決済pip差注文 指値】と【ワンクリック+決済pip差注文 トレール】にチェックを入れてみます。(パターン⑤)
6.画面下部にある【決定】をクリックします。
7.【レート一覧】画面左上に【ワンクリック注文+決済pip差注文 指値/トレール(両建て●●)】の文字が表示されていましたら、
設定は完了です。
8.例えば、ワンクリック注文でUSD/JPY 1Lot買注文を発注します。

レートパネルのASKレートをクリックします。
※ここでは決済pip差(指値)の設定を500(=50銭)/決済pip差(トレール)を0.300(=30銭))にしています。 
 値幅の設定は、注文前にあらかじめ設定する必要があります。      決済pip差の設定はこちら
9.新規注文が約定しました。
注文結果画面がポップアップ表示されますので、【OK】をクリックします。
※確認画面を非表示にしている場合は、表示されません。
10.ポジション一覧が更新され、新規約定したポジションが表示されました。
※ポジション数が変わらない(ポジション一覧に表示されない)場合は、必ず注文履歴や約定履歴をご確認ください。
注文履歴の検索方法はこちら / 約定履歴の検索方法はこちら
11.新規約定と同時に発注された決済注文を確認するには、【ポジション一覧】で該当するポジションの行をクリックします。
12.指値決済注文とトレール決済注文が表示されました。
指定レートは、新規約定値から指定したpip離れたレートで設定されています。
決済pip差の設定方法

1.メニューバー【設定】→【注文&動作設定】をクリックします。
2.【注文&動作設定】画面が表示されますので、画面左側にある【決済pip差設定】をクリックします。
3.画面右側が決済pip差設定画面に切り替わりました。
・【決済pip差(指値)】→指値決済選択時に適用
・【決済pip差(逆指)】→逆指値決済選択時に適用
・【決済pip差(トレール幅)】→トレール決済選択時に適用

※この画面での設定は【決済pip差注文】選択時のみ有効となりますので、ご注意ください。※
通常注文時における指値/逆指値/トレール幅の設定は、【通貨ペア毎の各種初期値】で設定してください。
4.値幅を設定します。
【決済pip差(指値)/(逆指)】……pip入力で設定します。
【決済pip差(トレール)】……レートの表記通りに入力します。
5.ここでは、USD/JPYのトレール幅を50銭(=0.500)に設定しました。
設定が完了すれば、【OK】をクリックします。
6.設定が完了しました。設定を保存する場合は、メニューバー【設定】→【各種設定の保存】をクリックします。
7.【各種設定の保存確認】画面が表示されますので、【はい】をクリックします。
8.【保存が完了しました】というメッセージが表示されますので、【OK】をクリックします。
これで保存が完了しました。
9.クイック注文画面を開くと、トレール幅に設定した値幅が自動表示されます。