成行注文・ストリーミング注文を出すには?


【成行注文】…レートや時間を指定せず、今の水準(インターバンクの価格)で売買します。
                     「とにかく今買いたい!今売りたい」というときに注文する方法で、約定を優先する取引です

【ストリーミング注文】 …現在のレートを指定し、売買します。
                                    あらかじめ「許容スリップ」を設定することで、注文と同時にレートが許容スリップ以上に不利な方向へ変動した場合、不成立
                                    となります。

                                    約定を優先する成行注文に対し、ストリーミング注文は、価格を優先する取引です。    ストリーミング注文はこちら

成行注文

1.注文は【レートパネル】、【レート一覧】、【売注文】もしくは【買注文】のいずれかをクリックすると、【注文】画面が表示されます。
2.【注文】の画面で、【注文方式】、【通貨ペア】、【両建】、【Lot数】、【売買】の各項目を確認します。
3.【執行条件】が【成行】になっているか確認します。
4.注文画面下部【注文】をクリックします。
5.【確認画面を表示する】にチェックを入れた場合、【注文内容確認】画面が表示されますので、注文内容を確認した後、【注文】をクリックします。
6.注文結果画面がポップアップ表示されますので、【OK】をクリックします。
※注文&動作設定で【注文・約定受け付けメッセージ】を非表示にしている場合は、表示されません。
7.約定すると【ポジション一覧】に表示されます。
※ポジション一覧の表示が変わらない場合は、必ず約定履歴をご確認ください。約定履歴の確認方法はこちら
ストリーミング注文

1.【レートパネル】、【レート一覧】、【売注文】もしくは【買注文】のいずれかをクリックすると、【注文】画面が表示されます。
※ストリーミング注文は、【クイック注文】でも利用できます。    クイック注文については こちら
2.注文画面の中の【注文方式】で【ストリーミング】を選択します。
3.注文ダイアログが【注文(ストリーミング)】の画面に切り替わりました。
【通貨ペア】・【両建】・【Lot数】の設定を確認します。     ※【両建】についての注意点については こちら
4.【許容スリップ】の設定を行います。
「許容スリップ」を設定することで、注文と同時にレートが許容スリップ以上に不利な方向へ変動した場合、不成立となります。
「許容スリップ」は、ストリーミング注文時のみ適用される設定で、スリップ幅は、【pip】で入力します。
※初期設定では、各通貨ペア50pips(=5銭)の設定となっています。

ここでは、許容スリップは初期設定のままとします。
※あらかじめ許容スリップの数値を任意に設定しておくことができます。 許容スリップの設定方法はこちら
5.連続して注文を出す場合は【注文ダイアログを残す】にチェックを入れておくと、発注後に注文画面が残ります。
※重要※クイック注文画面を表示した状態でパソコン画面が固まった場合等、注文画面内のレートが更新しないため、
              実際のレートは変動していても、注文画面に表示されたレートで約定する場合がありますので、よくご確認のうえご利用ください。
6.注文画面の中の【売注文】・【買注文】をクリックすると、ストリーミング注文が発注されます。
ここでは【買注文】をクリックします。
7.新規注文が約定しました。
注文結果画面がポップアップ表示されますので、【OK】をクリックします。
※確認画面を非表示にしている場合は、表示されません。
8.約定すると【ポジション一覧】に表示されます。
※ポジション一覧に表示されない場合は、必ず約定履歴を確認してください。    確認方法はこちら
【許容スリップ】の設定方法

1.取引画面上部【設定】→【注文&動作設定】をクリックします。
2.【注文&動作設定】画面が表示されますので、画面左側にある【通貨ペア毎の各種初期値】をクリックします。
3.画面右側が【通貨ペア毎の各種初期値】の設定画面に切り替わりました。
【許容スリップ】は、初期設定で「50(=5銭)」に設定されています。
ここでは、USD/JPYの許容スリップを10(=1銭)に変更します。
4.USD/JPYの許容スリップの設定を「 50 」→「 10 」に変更しました。
5.画面下部にある【決定】をクリックすると、設定が保存されます。
6.ストリーミング注文画面を開くと、【許容スリップ】の欄には、設定した「10」という幅が自動で表示されます。