値段を指定して注文をしたい - 指値・逆指値注文

1.値段を指定して注文する方法に【指値注文】があります。
■買注文時→現在レートより低いレートを指定するときに使います。
■売注文時→現在レートより高いレートを指定するときに使います。

【注文】画面を表示します。注文画面は、【レートパネル】、【レート一覧】、【売注文】もしくは【買注文】のいずれかをクリックすると表示されます。
2.注文画面内の【注文方式】・【通貨ペア】・【両建設定】・【Lot数 】・【売買】の設定を確認します。
3.【執行条件】を選択します。ここでは【指値】を選択します。
※値段を指定したい時の執行条件は、【指値】/【逆指】/【時間指定指値】/【時間指定逆指】から選択できます。
4.【指値注文】画面に切り替わりました。
指定レートの設定方法は、直接レートを入力する方法と値幅(pip)を入力する方法(=レート差)の2種類あります。
※レート・レート差の設定は、連動しています。チェックが入っている項目の数字が固定されます。

ここではレートを直接入力します。
5.指定レートを入力しました。
ここでは【期限】をGTCにします。(GTC=無期限という意味)
6.【注文】をクリックします。
7.【注文内容確認】画面が表示されますので、注文内容を確認した後、【注文】をクリックします。
※[確認画面を表示する]のチェックを外している場合は、表示されません。
8.注文結果画面がポップアップ表示されますので、【OK】をクリックします。
※注文&動作設定で【注文・約定受け付けメッセージ】を非表示にしている場合は、表示されません。
9.【注文一覧】に注文が表示されましたので、完了です。
※注文一覧に表示されない場合は、必ず注文履歴をご確認ください。    確認方法はこちら
値段を指定して注文をしたい<決済>

1.【ポジション一覧】に表示されているポジションの中で、決済したいポジションの行の上でクリックし、【決済注文】をクリックします。
(ポジションの行の上で右クリックしてもメニューがでます 2-2参照)
2.または、決済ポジションの行の上で右クリックし、メニューから注文方法をクリックします。
ここでは【指値決済】をクリックします。    ※次は、手順5へお進みください。
3.【決済注文】画面が表示されます。
4.【執行条件】を選択します。ここでは【指値】を選択します。
※値段を指定したい時の執行条件は、【指値】/【逆指】/【トレール】/【時間指定指値】/【時間指定逆指】から選択できます。
5.【指値注文】画面に切り替わりました。
指定レートの設定方法は、・直接レートを入力する方法・予想損益を入力する方法・値幅(pip)を入力する方法(=レート差)の3種類あります。
※レート・レート差の設定は、連動しています。チェックが入っている項目の数字が固定されます。

ここでは【レート差】で入力します。(対円通貨ペアの入力例) 1銭幅→10 : 10銭幅→100 : 1円幅→1000
6.値幅(pip)を入力しました。
ここでは【期限】をGTCにします。(GTC=無期限という意味)
7.【注文内容確認】画面が表示されますので、注文内容を確認した後、【注文】をクリックします。
※[確認画面を表示する]のチェックを外している場合は、表示されません。
8.注文結果画面がポップアップ表示されますので、【OK】をクリックします。
※注文&動作設定で【注文・約定受け付けメッセージ】を非表示にしている場合は、表示されません。
9.【注文一覧】に注文が表示されましたので、完了です。
※注文一覧に表示されない場合は、必ず注文履歴をご確認ください。    確認方法はこちら