値段を指定して注文を出すと同時に、決済の注文を出したい - IF-DONE ・IF-OCO注文

値段を指定して注文を出すと同時に決済の注文を出す方法は、2つあります。

■IF-DONE注文    決済注文で【指値】・【逆指値】・【トレール】のどちらか1つ選択できます。
■IF-OCO注文     決済注文でOCO注文【指値と逆指値(またはトレール)】を出すことができます。    IF-OCO注文はこちら

IF-DONE注文

1.【レートパネル】、【レート一覧】、【売注文】もしくは【買注文】のいずれかをクリックすると、【注文】画面が表示されます。
2.【注文方式】でIF-DONEを選択します。
※あらかじめ注文方式を設定しておくことができます。    注文方式の設定方法はこちら
3.【注文】画面が【IF-DONE注文】の画面に切り替わりました。
【通貨ペア】・【両建て】/【注文(IF)】の【Lot数】、【売買】、【執行条件】を確認します。
4.執行条件で【指値】、【逆指値】を選択した場合、【レート】・【レート差】・【期限】が追加されるので、それぞれ設定します。
5.【注文(done)】の【執行条件】、【レート】を確認します。
※ここではレート差での指定はできません。
6.注文画面下部【注文】をクリックします。
7.【確認画面を表示する】にチェックを入れた場合、【注文内容確認】画面が表示されますので、注文内容を確認した後、【注文】をクリックします。
8.注文結果画面がポップアップ表示されますので、【OK】をクリックします。
※注文&動作設定で【注文・約定受け付けメッセージ】を非表示にしている場合は、表示されません。
9.【注文一覧】に注文が表示されましたので、完了です。
※注文一覧に表示されない場合は、必ず注文履歴をご確認ください。    確認方法はこちら
IF-OCO注文

1.【レートパネル】、【レート一覧】、【売注文】もしくは【買注文】のいずれかをクリックすると、【注文】画面が表示されます。
2.【注文方式】をIF-OCOに変更します。
※あらかじめ注文方式を設定しておくことができます。    注文方式の設定方法はこちら
3.【注文】画面が【IF-OCO注文】の画面に切り替わりました。
【通貨ペア】・【両建て】/【注文(IF)】の【Lot数】、【売買】、【執行条件】を確認します。
4.執行条件で【指値】、【逆指値】を選択した場合、【レート】・【レート差】・【期限】が追加されるので、それぞれ設定します。
5.【注文(OCO1)】の【執行条件】、【レート】を確認します。
※ここではレート差での指定はできません。
※(OCO1)と(OCO2)の初期レートは、【執行条件】でIF-OCOを選択した時点でのレートが自動的に入力されます。    あらかじめ設定する方法はこちら
6【注文(OCO2】の【執行条件】、【レート】を確認します。執行条件は【逆指・トレール】のどちらかを選択することができます。

【逆指】を選択した場合は、【レート】に値段を入力します。

【トレール】を選択した場合は、【レート】の部分が【トレール幅】に変わりますので、そこに値幅を入力します。
※値幅はレートと同じ数値で入力します。    (例) USD/JPY トレール幅50銭 →0.500と入力。
7.注文画面下部【注文】をクリックします。
8.【確認画面を表示する】にチェックを入れた場合、【注文内容確認】画面が表示されますので、注文内容を確認した後、【注文】をクリックします。
9.注文結果画面がポップアップ表示されますので、【OK】をクリックします。
※注文&動作設定で【注文・約定受け付けメッセージ】を非表示にしている場合は、表示されません。
10.【注文一覧】に注文が表示されましたので、完了です。
※注文一覧に表示されない場合は、必ず注文履歴をご確認ください。    確認方法はこちら