トレール注文を出すには?

【トレール注文】とは、逆指値注文の一種で、レートが上昇(下落)するとともに逆指値の指定レートも上昇(下落)していく(レートについていく)という注文方法です。
※トレール注文は、決済時のみご利用いただけます。

1-1.【ポジション一覧】に表示されているポジションの中で、トレール決済したいポジションの行の上でクリックし、【決済注文】をクリックします。
 (ポジションの行の上で右クリックしてもメニューがでます 1-2参照)
1-2.または、決済ポジションの行の上で右クリックし、メニューから注文方法をクリックします。
ここでは【トレール決済】をクリックします。 手順5へお進みください。
2.【決済注文】画面が表示されました。
3.【決済方式】を選択します。決済方式は、【通常】/【OCO】/【ストリーミング】から選択できます。
【通常】が選択されているか確認します。
4.【執行条件】を選択します。
執行条件は、【成行】/【指値】/【逆指】/【トレール】/【時間指定成行】/【時間指定指値】/【時間指定逆指】から選択できます。
ここで【トレール】を選択します。
5.トレール決済注文の画面に切り替わりましたので、【トレール幅】を入力します。
※トレール幅の入力は、レートと同じ表示での入力となります。
6.ここではトレール幅を50銭に設定しました。
※あらかじめトレール幅を設定しておくことができます。 トレール幅の設定方法はこちら
注文画面下部【注文】をクリックします。
7.【確認画面を表示する】にチェックを入れた場合、【注文内容確認】画面が表示されますので、注文内容を確認した後、【注文】をクリックします。
8.注文結果画面がポップアップ表示されますので、【OK】をクリックします。
※注文&動作設定で【注文・約定受け付けメッセージ】を非表示にしている場合は、表示されません。
9.注文したトレール決済を確認するには、【注文一覧】または【ポジション一覧】で確認することができます。
ここでは、【ポジション一覧】で確認します。
トレール決済を入れたポジションの行の上をクリックします。
10.【ポジション一覧】画面下部に、トレール決済注文が表示されました。
※注文一覧画面に表示されない場合は、必ず注文履歴をご確認ください。 確認方法はこちら
【トレール幅の設定方法】

1.取引画面上部【設定】→【注文&動作設定】をクリックします。
2.【注文&動作設定】画面が表示されますので、画面左側にある【通貨ペア毎の各種初期値】をクリックします。
3.画面右側が【通貨ペア毎の各種初期値】の設定画面に切り替わりました。
ここでは、USD/JPYのトレール幅を10銭(100pips)、EUR/USDのトレール幅を100pipsに設定します。
4.各通貨ペアのトレール幅の欄をクリックし、数値を入力します。
※トレール幅の入力は、レートと同じ表示での入力となります。

ここでは、USD/JPY のトレール幅に「0.100」、EUR/USDのトレール幅に「0.00100」と入力します。
5.数値を入力後、画面下部にある【決定】をクリックすると、設定が保存されます。
6.例えば、保有しているUSD/JPYのポジションにトレール決済注文を入れる場合、
トレール注文画面を開くと、【トレール幅】の欄には、あらかじめ設定した「0.100」という幅が自動で表示されます。