• 初めての方
  • デモトレード
  • キャンペーン
  • 取引ルールと特徴
  • FXマーケット情報
  • 登録情報変更
  • 入出金
  • お客様サポート
トップ > 取引ルールと特徴 > MATRIX TRADERが選ばれる理由
MATRIX TRADERが選ばれる理由

※1 Internet Initiative Japan Inc.実績 平均0.003~0.005秒(大口注文、回線速度等コンディションによってはそれよりもかかることがあります)2020年7月現在の当社内処理速度です。
※2 決済指値だけ・決済逆指だけも可能。また、発注した決済注文を取消さなくても反対売買や全決済できます。











都銀、ゆうちょ銀行、ネットバンクのほか、地方銀行では横浜銀行・スルガ銀行・静岡銀行・大垣共立銀行・山陰合同銀行・広島銀行・西日本シティ銀行・京葉銀行・琉球銀行(他64行)や、信用金庫・労働金庫・信用組合など、約380の金融機関に対応しております。
クイック入金利用時の振込手数料無料(一部金融機関ではお客様と金融機関との契約内容によって、有料の場合があります)。

通常ATMからの振込の場合、15時を過ぎると翌営業日扱いとなりますが、MATRIX TRADERのATMからのクイック入金を使えば、ATMの利用 可能時間内であれば15時以降でも即時反映いたします。キャッシュカードでの入金、現金での入金に対応しており、手数料は無料です。

【提携銀行ATMからのクイック入金の流れ】

【提携銀行ATMからのクイック入金の流れ】

ゆうちょ銀行 みずほ銀行 三菱UFJ銀行 三井住友銀行 りそな銀行 埼玉りそな銀行
千葉銀行 横浜銀行 近畿大阪銀行 東和銀行 京葉銀行 熊本銀行 群馬銀行 南都銀行

リアルタイム出金は、平日9:30~14:30の依頼は即時にお振り込みいたします。出金手数料は無料となっております。

これまでの出金依頼では、翌営業日の出金となっていた時間帯でも、即日出金が可能になります!



① 本日の参入レベル

【小林芳彦】がお届けする、主要6通貨ペア(ドル円・ユーロドル・ユーロ円・ポンド円・豪ドル円・ニュージー円)の1日の売買方針。毎日、予想売買・レンジを提示した上でUPされるコメントは必見です!

② マーケット速報

本日の売買方針を踏まえた上で、小林が相場を追跡!!リアルタイム更新の為、お客様が見ている相場に対するプロの視点をお届けします!

③ モーニング&イブニングショット (音声配信)

朝と夕方の1日2回。コメントだけでは伝えきれない、相場の奥深くを解説!お客様から頂いた質問も丁寧に解説!貴方のご質問をお待ちしております!!

相場界における、著名なゲストをお招きし動画を月2回更新!見やすい資料は勿論、お客様のペースで視聴できるオススメセミナーです!

過去にお招きした著名人の方々

多数の方々をお招き致しました。

JFX小林芳彦の公式アカウントでは、インターバンク目線でリアルタイムの相場観をつぶやいています。

フォロワー数100,000人突破!! 大人気の公式ツイッター!



■注意喚起
当社の取扱う店頭外国為替証拠金取引「MATRIX TRADER」は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や為替レートの変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、マイナー通貨(流動性の低い通貨)の取引をされる場合、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。加えて、スワップポイント(通貨間の金利差調整額)においては通貨ペアやポジションの状態(売りまたは買い)によっては、受け取れる場合もあれば、支払わなければならない場合もあります。取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金額は、想定元本(為替レート×取引数量)×4%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので最大25倍となります。法人のお客様の必要証拠金は、為替リスク想定比率×想定元本以上の額となります。為替リスク想定比率は、通貨ペアごとに異なり、当社では、原則として一般社団法人金融先物取引業協会が金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1項に規定される定量的計算モデルを用いて算出する数値を利用します。なお、為替リスク想定比率は、原則として1週間ごとに見直しが行われ、レバレッジは、為替リスク想定比率の逆数(想定元本÷必要証拠金)となりますので、1週間ごとに変動します。当社は、インターネットを通じて店頭外国為替証拠金取引サービスをご提供しておりますので、お客様のパソコン・インターネット環境や当社のシステムに不具合が生じた場合等、取引ができなくなる可能性があります。また、お客様の取引の相手方は当社(相対取引)となっており、取引所取引とは異なります。お客様におかれましては、契約締結前交付書面をよくお読みいただき、内容をご理解の上、ご自身の判断により取引を行っていただきますようお願いいたします。
  • 金融庁
  • 証券取引等監視委員会<情報受付>
  • 金融先物取引業協会
  • 証券・金融商品あっせん相談センター